健康 病気

首のヘルニア経験者が語る酷い症状と治療法【頸椎椎間板ヘルニア】

悪化すると深刻な痛みが発生します

腰痛のヘルニアも溜まりませんが首のヘルニアは症状が頭以外のほぼ全身に出るのでもっと深刻な症状だといえます

私は首と腰にヘルニアを持っており首は数年前に手術して現在は少しの痛みはあるものの深刻な悩みから解放されています

(首のヘルニア手術とその詳細も下で紹介してるので最後まで読んでみて下さい)

 

首と腰両方のヘルニア経験者から言わせると腰は自分に合った接骨院を見つけると何とかなってますが首のヘルニアはどうにもなりません

(腰痛を即改善してくれる私イチオシの接骨院でも首は改善されませんでした)

 

本記事では首のヘルニア経験者の私が酷い症状と治療法を紹介しており首の痛みで悩んでる方や違和感を感じてる方は是非参考にして欲しいと思います

 

首のヘルニアの症状を段階的にみてみましょう

 

首のヘルニアの症状

① 首が痛み寝違えた痛みが頻繁に表れる

② 手や首から顔の頬にかけて痺れが出る

③ 首が痛みで回せなくなる

④ 布団から起き上がれなくなる(まずうつ伏せになり頭を持ち上げれば起きれる)

⑤ 背中(両腕の中間あたり)が痛みそのせいで呼吸も苦しくなる

⑥ ご飯を食べる時も手に力が入らない感覚になり箸も重く感じる

個人差はあると思いますが悪化していくにつれ大体このような症状が出てきます

 

首のヘルニアの治療法

まず整形病院でリハビリ

やはり専門の医者で診察してもらわないと自分にどの程度のヘルニアが出てるのか把握できません

診察してもらいリハビリをしてみましょう

首の骨に鎧を被せる感覚で首の筋肉を付ける事も非常に大切です

首に負担をかけないトレーニング方法(アイソメタリックトレーニング)もあるので是非やっておきたいところです

 

接骨院

接骨院も通いましたが今となって思うのはリハビリと似たようなものなので腰にはよくても首には期待はできない印象です

やはり病院でリハビリしながら首に筋肉を付けた方が効果はありそうです

 

ブロック注射

レントゲンを見ながらヘルニアにブロック注射もしてもらいましたが自分には効果がありませんでした

腰はともかく首には個人的にあまりオススメできません

 

ヘルニアの手術

最終的にとうとうここへ行きついてしまいました

あまりに症状が悪化してたので大きな病院で診て貰ったらヘルニアがかなり出てるので首に強い衝撃を受けたら最悪の場合脊髄が切れてしまう恐れがあるとのこと・・・

 

首の脊髄が切れると首から下が麻痺してしまうので一生車椅子生活という事になってしまいますね

後日会社にこの事を伝え入院し手術する事にしました

 

全身麻酔で手術し暫くは安静で動けません

 

首の骨と骨の間のヘルニアを除去しボルトで固定しているので骨同士がくっつくまでは無理できませんが暫くすると首にコルセットを装着し動けるようになります

これからリハビリを続け半年程で退院できますが切開する方法はかなり時間がかかるという事が分かります

 

レーザー手術は高齢になる程ヘルニアが堅くて成功率も下がったり保険適用外で高額という事もあり切開する方法を選択してます

切開する方法では保険も使えるので生命保険と傷病手当金の両方を使えば赤字にはならないはずです

 

色々試した現在の結果

病院によって

人には自分の身体を治そうとする力があるからリハビリで頑張ってみましょう

という先生や

強い衝撃を受けると危険だから早目の手術をオススメします

という先生もいます

手術はとてもリスクがあるのでまずはリハビリで改善される方法がいいでしょう

心配な方は一つの病院の診察だけで判断しない事をオススメします

 

私はリハビリしてもダメで手術して劇的に回復してるので今では手術して良かったと感じてますが

入院して退院するまでがかなり長い

完治しても次は治療した部分の上下の骨に負担がかかり次はそっちが痛みだすので筋肉を付ける努力は必要

拒絶反応の少ないチタン製のボルトで固定されてるので首にボルトは埋め込まれたまま

(拒絶反応が無ければ何も問題ありません)

という認識は必要で切らずにリハビリで治す方法も重要だと思っています

 

これからも注意すべき事

・正しい姿勢を心掛け猫背には注意する

(胸を張って歩いたり生活したりする)

・本やスマホを観る時も姿勢に注意する

・首の筋肉は付けておく

・寝違えた時は無理をしない

私のように深刻になる前にこうして予防しておきたいですね

 

最近はスマホの普及もあったりで首の骨も変形してきてるようで注意が必要です

子供が居る方は姿勢に注意してあげて欲しいものです

以上が首のヘルニア経験者が語る酷い症状と治療法の詳細でした

最後まで読んで頂きありがとうございました

-健康, 病気
-,

Copyright© 海辺の家から , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.