就職・転職

40代での転職は不利?【希望通りの転職はとても難しいです】

結論を言うととても不利です

40歳でも50歳でも仕方なく転職をしなければいけない場合もあるでしょう

しかし若い頃と違い歳を取っていると転職は不利なのでしょうか?

残念ながらとても不利になってしまいます

その理由ともしも転職しなければいけなくなった時のコツを紹介します

 

どうして不利なのか?

 

会社や企業は若い人を育成していきたいと考えるでしょう

若い頃から自分の会社のニーズに合う人材に育てていきたいと思うのは当然の事です

若い人の方が体力的にも動けるしスタミナもあります

実際にハローワークでも「人材育成のため年齢は36歳未満の方を募集」と書いてある場合があります

 

ただ40代でも諦める事はありません!

即戦力を求めている会社も中にはあるからです

 

40代からの転職で求められるもの

実績

過去にきちんと実績を積んでおりそれが転職先に認められれば大きなアピールとなるでしょう

例えば管理職へ就いていた・営業で実績をあげていた等

若い人には無いものであり即戦力として働く事ができます

こちらの実績があると転職にとても有利になります

経験

こちらも若い人には無いものであり、きちんとアピールする事により即戦力として働く事も可能です

面接の時に過去の経験で得た事実績を伝えておきましょう

資格

資格が必須な仕事もあるので必要性も高いです

資格がある=仕事ができるという訳ではないですがすぐにその資格に対応した作業が可能であり目安としても高く評価されるはずです

転職前に次のやりたい仕事に対応した資格を事前に取得しておく事で転職期間の短縮にも繋がるでしょう



 

アピールできるものが何も無い場合

この場合転職はとても不利といえます

例えばとび職の人が事務職をやりたいと思っても誰もが「できないだろう」と思ってしまいますよね?

その場合、体力を活かした仕事(例えば設備屋・塗装屋・運送屋)を探す事で転職を有利にする事が可能

違う系統の仕事を探したい方は資格など事前に取得しておき少しでも転職を有利にしておきましょう

 

まとめ

こうやってみても40代からの転職は不利になってしまいます

資格を取得して転職を有利にしたり経験や実績も積んでおく事が大切です

いつどんな理由で今の会社を辞めてしまうかもしれません

できるだけ希望通りの職へ就けるよう日頃から準備もしておきましょう

-就職・転職
-,

Copyright© 海辺の家から , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.