子供の病気

子供のじんましんと危険な症状

子供に突然出てくると焦ります

ふと子供を見たらじんましんが出てた経験もあるでしょう

痒いと伝えてくれる歳ならまだ異変に気付きやすいんですが赤ちゃんクラスになると心配症な方は焦ってしまいますね

自分に出てれば原因の察知もしやすいと思いがちですが実際は複数の原因が絡むケースも少なくないので原因を特定するのは簡単ではないようです

本記事ではじんましんの危険な症状と予防しておきたいポイントを書いています

 

危険なじんましんとは?

ぐったりしてきて意識障害が出る場合がありショック状態に陥る

息苦しくなったりする

腹痛や嘔吐・下痢の症状が出る

じんましんと一緒にこれらの症状が出てたら体の内部にもじんましんが出てる可能性が大きいので急いで病院へ行き診察をしてもらわないといけません

じんましんが何日もひかない場合もヘルペスなどの感染症等も考えられるのでこちらも診察が必要です

 

じんましんを起こすものは?

原因はアレルギーがほとんどみたいです

卵・乳製品・小麦・エビ・カニ・大豆・チョコレート・そば・魚・食品添加物が結構有名かと思います

他には精神的ストレスや日光・動物の毛・金属・花粉でも起こるようです

これらを接触して1時間以内に効果が出た場合は特定もしやすいですね



 

特に夏場は症状がでやすい

夏場は体調も崩しやすくそんな時にじんましんも起こりやすいと言われています

寝苦しかったりで環境が変化し睡眠不足だったりストレスでも出やすくなったりします

体調も管理しビタミン類を十分摂取すると出にくくなるので体調管理は特に大事ですね

 

私も子供の為に注意をしています

最初に口に入れる物はアレルギーでないか疑うのも必要と考え少しづつ子供に与えるように心掛けていますね

1歳未満の赤ちゃんにハチミツを与えたらショックを起こし多く摂取した場合死亡する可能性が大というのも3人目を育ててる近年知ったばかりです

昨年あたりにテレビで赤ちゃんがハチミツを摂取してしまい亡くなったという悲しいニュースも報道されています

 

自分にも世間では常識でも知らない事が多いという事を思い知らされました

最初に大量に食べてショックを起こさないよう注意してあげて下さい

もしじんましんが軽い症状なら軟膏を塗ってあげたり患部を冷やしてあげたりして引っ掻かないようにし経過をみてあげましょう

-子供の病気
-,

Copyright© 海辺の家から , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.